提供: Japanese Scratch-Wiki

2019年1月7日 (月) 08:05時点におけるApple502j (トーク | 投稿記録)による版 (Apple502j がページ「スクラッチデザインスタジオ」を「Scratchデザインスタジオ」に移動しました: 訳語変更、Scratchは訳さない原則)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
スクラッチデザインスタジオ(ScratchDesignStudio=SDS)は、あるテーマが定められたスタジオ注目のプロジェクト同様、Scratchウェブサイトのトップに載る。

これらはおよそ一ヶ月ごとに新しいスタジオが掲示される。 おおよそはWhy!?プログラミングの「Why!?大喜利」に似ている。詳しくはWhy!?プログラミングを参照のこと。

トップページに掲載されたスクラッチデザインスタジオの様子

歴史

スクラッチデザインスタジオは、2008年の6月22日か23日までは「Scratch Club」と呼ばれていた。[1]

2009年5月31日、「Scratch Design Studio欄」がトップページに登場した。[2]

また、2016年3月31日のエイプリルフールのネタとして、これが最後のスクラッチデザインスタジオだという「The Last SDS」スタジオも発表された。[3]

使い方

Scratcherプロジェクトを共有し、スタジオにプロジェクトのURLをコメントすることで、Scratchチームなどがいくつかの良いプロジェクトを選びスタジオへ追加してもらうことが出来る。

脚注

  1. http://web.archive.org/web/20080621145202/http://scratch.mit.edu/
  2. http://blog.scratch.mit.edu/2009_05_01_archive.html
  3. https://scratch.mit.edu/studios/1963483/