提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
ハットブロックのデザイン。上部が丸い形をしている。

ハットブロックは、その下に組み込まれたブロックを実行する機能を持つので、プログラムに欠かすことのできないブロックである。ハットブロックは主にイベントブロック制御ブロック拡張機能で使われている。

ハットブロックの見た目

ハットブロックの形状は、一般的なブロックスタックブロックの上部を丸くしたものであり、上にどんなブロックも置けないこと表している。

@greenFlag が押されたとき::events hat
[マウスポインタ― v]へ行く

ハットブロック一覧

Scratchには24個ハットブロックがあり、その内の17個は拡張機能で使われる。

ハットブロックの特徴

条件駆動とイベント駆動

() > () のときブロックや、ほとんどの拡張機能のハットブロックなどは、とある条件がfalse(偽)からtrue(真)に変わった時に実行する。これは「edge activated」(条件駆動)と呼ばれる。それに対し、「緑の旗が押された」「スプライトが押された」「クローンされた」など何かが起こった時に動くのが、イベント駆動型のハットブロックである。

再実行時の動作

ハットブロックから始まるスクリプトが実行している間に、そのハットブロックの実行条件が再び整った場合、最初から実行をやり直すハットブロックと、実行しないハットブロックがある。前者には緑の旗が押されたときなどが、後者には() キーが押されたときなどがある。

キャットブロック

2020年のエイプリルフールでは、ハットブロックは猫の形をした「キャットブロック」となった。